So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

鮫島彩 画像 [スポーツ]


サッカーの日本女子代表(なでしこジャパン)DF鮫島彩(25)は21日、
ベガルタ仙台レディースへの入団記者会見を仙台市内で行い、
「仙台でもっと女子サッカーが盛り上がってほしいという思いも持って、
プロとしてプレーしたい」と入団の抱負を語りました。

背番号は「9」です。

なでしこリーグ2部に当たるチャレンジリーグで首位のベガルタ仙台レディースは、
東日本大震災福島第一原発事故によって休部となった東京電力(福島)が移管されて
今季発足したチームです。
休部以来、米国やフランスで活動してきた鮫島選手にとっては久しぶりのチームメート
との再会となりました。
「もう一度、一緒にやりたかった。戻ってきた感覚は強いけど、選手として
前に進むための決断でもある」と新たな心境を語りました。

鮫島選手は銀メダルを獲得したロンドン五輪後のオフを過ごしているが、同日夕には
チームの練習にも加わった。リーグは中断期間で、デビュー戦は9月16日の
長野パルセイロ戦(ユアスタ)となります。

ロンドンオリンピックでの活躍を新たに、素晴らしいプレーが被災地に元気と勇気を
与えてほしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

黒田博樹のヤンキースでの評価は [スポーツ]

19日、米大リーグヤンキースはレッドソックスに4-1で勝ちました。

この日、二人の日本人選手が大活躍しました。

ヤンキースのジラルディ監督が試合後の会見で、
勝利に貢献した黒田博樹投手(37)と
イチロー外野手(38)を『すばらしい活躍だった』と絶賛し、抜群の評価でした。





会見の中では、黒田投手とイチロー選手の日本人選手について
現地記者から質問が集中しました。


8回1失点で12勝目となった黒田投手を『安定感のあるシンカーと
スライダーを巧みに使って、打たせて取る投球ができていた。サバシアら
けが人が多い中、素晴らしい活躍をみせている』と称えていました。

2本のホームランを放ったイチロー選手について同監督は、『それまで
(2点差の)接戦だったので大きな2本だった』と笑顔で振り返り、『彼に
パワーがあるのは知っている。以前、シアトルでの試合でリベラが本塁打を
打たれて負けた。(シアトルより狭いヤンキースタジアムなら)もっと打つかも
しれない』と予想までして、称えていました。

それだけでなく、2人の共通点については『常に万全の準備をして
試合に臨んでいる。自身に対して大きな期待を持ちながら
プレーする選手だ』と話しています。

この頃、大リーガーの日本人選手が全体的にはあまり元気がない印象でしたが、
本日は明るいニュースとなりました。

今後も引き続き活躍してくれて私たち日本人に元気と勇気を与えてほしいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。